台風の為、本日アトリエお休みです

0

    送っていただいた画像をまとめてご紹介します♪

     

     

     

    Mさん作、女子力満点♡巾着ポーチ

     

     

     

    裏側にはリバティープリントが数種類パッチワークされています

     

    なんと、これ、全部手縫いなのだそう

     

    「だってミシン出すの面倒臭いじゃないですかー」Mさん談

     

    うーーーん見解(好み)のわかれるところですね(笑)

     

    貴女はミシン派?手縫い派?

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・

     

     

    Iさん作、ルーピング(ノップヴェヴ)の巾着バック

     

     

    先日完成して母に渡しました。

    病院通い用のバックです。

    いつも持ち手に苦労するので、

    この時は持ち手部分も平織で織っておきました。

    またまた全て手縫い、内袋もついてます。

     

     

    あら、Iさんも手縫い派!

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・

     

     

    Yさん作、オストヨータドレルのミニトート

     

     

    あえて手織り布を裏側にもってきた

    ハンドル部分のデザインが素敵ですねー

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・

     

    Yさん作、スツール

     

     

    タッカーを購入し、ご自分で張られたのだそうです

     

    裏側もきれい!

     


    クラッチバックのWS

    0

       

       

      木製金具のクラッチバックWSを開催しました

       

       

      技術力をUPする、美しく仕上げる、完成度をあげる

       

      って、もちろん大切なんだけど

       

      すごーく楽しそうに励ましあいながら、褒めあいながら(笑)

       

      バックを作っている皆さんの様子を傍から見ていたら(ワタシはちょっと離れて経糸かけをしてました)

       

      手仕事は「楽しい」ってことがなにより大事、とにかく一番なんだなってシンプルなことを

       

      あらためて思いました

       

       

       

      女性は昔から、刺繍やキルトや編み物で手を動かしながら

       

      集って、おしゃべりして、情報交換して、時には愚痴も織り交ぜながら

       

      癒されていたのかも

       

       

       

      好きなことや価値観が似てるからすぐに打ち解けて

       

      話題が尽きなくて

       

      作業に集中しながらいい時間を共有して

       

      出来上がった美しいものをみんなで愛でる

       

       

       

      H先生、ご参加のみなさん、ありがとうございました♪

       

       

       

      完成したバックを、ひとつずつご紹介します

       

       

       

       

      Oさんはコットンのルーピング生地で作られました

       

      ポコポコした質感がなんとも可愛く、この日の装いにもぴったり!

       

      裏生地はリバティーのはぎれを使用。真っ白の表生地を引き立てる爽やかさ

       

       

       

       

       

      ・・・・・・・・

       

       

      Iさんはペパーミントグリーンで織ったハックレース生地をセレクト

       

      薄い生地でも接着芯で調整しているので、しっかりと張りがあります

       

      これまた、この日にお召しになっていたリネンのブラウスとよくお似合い

       

      裏生地には華やかな花柄を

       

       

       

      ・・・・・・・・・・・

       

       

      Kさんはウールのオストヨータドレルを斜め使いで

       

      もったいないっちゃ、もったいない使い方ではあるけれど

       

      こんなに素敵になるのなら、全然アリですよね

       

      裏生地は潔く、無地のブラック

       


       

       

       

       

      で、こちらは番外編?H先生作のブンデンローゼンゴン

       

       

      但し、すっごく大変なのでお薦めはしません、とのこと(笑)

       

      アトリエに置いてあるのでご覧になってくださいねー

       

       

       

       

       

       

       

       


      再びのノップヴェヴ

      0

        最近の「織りたいものリクエスト」でダントツに多かったのが、ノップヴェヴ(ルーピング)

         

        編み棒などのスティックに緯糸をクルクルと巻きつけていく、ちょっと変わった(?)テクニックです

         

        実はコレ、おととし織ったものの再リクエストなのです

         

         

        そのご要望のお声をまとめると

         

        「初めてのテクニックだったので勝手がわからず、闇雲に織ってしまった。」

        「クルクル巻きつけていく作業が楽しくて、目いっぱい模様を入れてしまった」

        「結局ナニカに仕立てづらい布になってしまった」

        「次回はデザインや仕立てをあらかじめ考えてから織りたい」

         

         

         

        ということで、早速かけました、再びのノップヴェヴ

         

         

        何にするのか、手提げバック?それともクラッチ?もしくはポーチ、クッション、マットととして使う?

         

        を決めてから織ると、みなさん使用する緯糸の色数がグッと減り

         

        模様(ルーピング)を織りこむ範囲も少なくなる、というのが興味深いです

         

         

        「何も考えず、色をいっぱい使って、ただただ思いのままに織る」って楽しいんですよね

         

        わかります、これも全然アリ!です

         

         

        でも実用を考えると、面倒くさくても事前に計画をたてて織るということが必要になりますし

         

        最終形をみすえながら作業を進めると、とても洗練された仕上がりになるのですね

         

         

        タイアップもとてもシンプルで、複雑な組織ではないが故に

         

        工夫のし甲斐があって、本当に奥の深い織りだと、私自身も再認識しました

         

         

         

         

        うさぎが3羽♪

         

         

         

         

         


        マッシュルームスツール

        0

          Wさんがこんな画像を送ってくださいました♪

           

           

          マッシュルームスツール」というスタッキングスツールに

           

          先日織った、オストヨータドレル生地を張ってもらったそうです

           

           

           

          色んな生地で作ってもらいたくなっちゃいますね!

           

           

           


          IGばかりで・・・

          0

             

             

            6月2日(土)開催のオルモストアンリアルとのコラボワークショップは

            11時〜14時の回にはまだお席がございますので、ぜひどうぞ。

             

            お申し込みはコチラから♪

             

             

             

             

            ・・・・・・・・・・・・

            IGばかりでBLOGがスカスカでしたね。スミマセン・・・。まとめてUP!

             

            こちらはソーイングWSで作ったクラッチバック。

             

             

            この木製の口金を問屋さんで見つけた時は「あら、がま口作るより簡単そうじゃない!」

            と思ってひとつ購入し、ソーイングWSを担当頂いているのH先生にサンプル作りをお願いしたのですが

             

            これが、なかなか、きれいに仕上げるためには手間と時間が必要らしく・・・

            初心者の方が一日で完成させるのは難しいかも、ということで

            WS開催もあきらめかけたのですが、

             

            「ひとりでは無理だから、WSをしてもらう意味があるのですよー」という生徒さんからのお声で

            (もっともだ!)開催したのでした。

             

            何事もやってみるもんですね。ちゃんと完成しましたよ!しかもこんなに素敵に美しく!

             

            クラッチバックのWS2回目は7月に予定しています。

             

             

             

            こちらのバックはふたつとも、オストヨータドレルというテクニックで織られた生地で作られています。

             

            緯糸にはウールを使用していますが、季節を問わず活躍してくれそうですね♪

             

             

             


            ダーラドレルのスモッグ

            0

              またまた、こんなメールが送られてきました。

               

               

               

              10年カーテンに使った生地、スモッグにしました。

              幼稚園で貸し出される型紙に、ママさん達の間で伝統的に受け継がれているっぽい手引書を参考にすると、

              誰でもなんとかなる仕組みになっています。

               

              中略

               

              正面、横、後ろの3枚をメールで送りましたので選んでください。

               

               

               

               

               

              もちろん、3枚とも全部載せますよ。

               

              こーーーんなにかわいいのですから選べません!

               

               

              サイドからのふんわりシルエットがとっても似合ってる。

               

               

              襟ぐりとポケットにあしらわれたピンクのパイピングがなんともーー

               

               

              計算された模様の配置は、10年間カーテンとして使われていた生地の再利用とは思えない。

               

               

              モデルさんしてくれたHちゃんもありがとね♪

               

               


              Oさん宅

              0

                ブログを移行してから画像を送っていただくことが増えました

                 

                なんでだ?(笑)

                 

                でも嬉しいです、ありがとうございます

                 

                 

                 

                今回は素敵過ぎるOさんのご自宅です

                 

                ダイニングにはコトリンのテーブルクロス、ブンデンローゼンゴンのタペストリー

                 

                 

                リビングルームにもランナーやクッションが

                 

                 

                あっ、これはSさんと同じカーテンですね


                 

                自慢、万歳!

                 

                自己満、上等!


                なすとねぎ

                0

                   

                  去年の6月に織った野菜シリーズ。

                  赤いラディッシュの部分は、たのしみ展にだす為にポーチに仕立てましたが、

                  残りの茄子と西洋ネギの部分を何に仕立てようかと悩みつつ、ふと、

                  野菜の柄なので、キッチンで使いたいなぁ、と思い始め、

                  それでもしばらくは思いつかず、横目で布を眺める日々でした。

                   

                  そして思いつきました!

                  ティッシュカバーです。

                  思い立ったらすぐに縫いたくなります。

                  ダイニングにぴったりでした(#^.^#)

                   

                  中略

                   

                  織った布をこうして生活に使える贅沢をかみしめています。

                   

                   

                   

                   

                   

                  大いなる自己満足ですけれど(笑)あるとないでは大違いですよね

                   

                  ちょっと気分がアガル、ウキウキする、にやにやしちゃうってコト

                   

                  自分自身の「ご機嫌取り」ってとっても大事!

                   

                  Fさん、ありがとうございました


                  はじめてのリュック

                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                    出来た!^_^

                    嬉しくて写真送っちゃいます

                    問題はいくつかありますが・・・

                    それは5月に見てください。

                     

                     

                     

                    はじめて作ったリュックの画像を送って下さったのはIさん

                    ありがとうございます。拝見するのが楽しみですよ!

                     

                     

                    世の中には機能的で、使い勝手のよいバックって、いーーーーーーっぱいあって

                    デザインが可愛くて、値段もお手頃っていうカバンも、たーーーーーっくさんあります

                     

                     

                    でも、こんなモノを作たいな、って想像しながら織ってるときのワクワク感とか

                     

                    あれとあれ(裏生地や取っ手やボタン)を組み合わせたら、どうな感じに仕上がるのかなって

                    脳内シュミレーションしているときの高揚感とか

                     

                    試行錯誤しながら、ようやく完成した世界にたったひとつのモノを使う時のヨロコビって

                     

                     

                     

                    絶対にお金じゃ買えないの

                     

                     

                     


                    カーテン

                    0

                      織った生地(かなり前・笑)をカーテンに仕立てたSさんから

                       

                      画像が送られてきたのでご紹介しますね

                       

                       

                      光が透けて、ステンドグラスのような効果がありそう!

                       

                      とっても素敵な画像をありがとうございました

                       

                       

                       

                       


                      1

                      atelier nako


                      青山の手織り教室
                      atelier nako
                      http://ateliernako.com/

                      旧ブログはこちら

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      新しい記事

                      カテゴリ

                      アーカイブ

                      コメント

                      • 台風の為、本日アトリエお休みです
                        アンジー

                      リンク

                      search this site.

                      QRコード

                      qrcode

                      atelier nako /  about nako /  works /  weaving class /  contact /  blog